「街の検索上位」を独占するパチンコ屋はなんとかならないのか?

シェア・ご意見&ご感想・叱咤激励・異論&反論はこちらから

スポンサーリンク

ぼくらの街をもしもグーグル検索に例えるなら

103597

ネット界隈ではWELQ(ウェルク)を発端にDeNAのキュレーションメディアが問題視されて非公開となったことが話題になっている。

信頼性のない医療情報や他サイトからのパクリなどバッシングされる理由は数あれど、ここまで問題が大きくなった背景には、徹底したSEOにより「グーグルの検索上位を独占していた」ことが1番の理由だったのではないかと個人的には思う。

つまり、もしも目立たなければ、ここまで大ごとにはならなかったんじゃないかと。

グーグルという、誰もが使う「ネットの入り口」にウェルクのような役に立たない情報があって、みんながそれを読んでしまう。

例えるなら、駅を出ると犬のウンコがあってたくさんの人が踏まされる。ウンコは本来なら河川敷の端っこになくちゃいけないのに。

そんなことを考えているときに、ふと「パチンコ屋も同じだな」と思った。

もしも、ぼくらの街をグーグル検索に例えるなら(なんじゃそりゃ!と思いますでしょうが、まぁ聞いてください)、どの駅に訪れても必ず1ページ目にパチンコ屋がある。

こちらにも書いたが

法律で決まってるからダメ論っておかしくない?
法律が変なら変えればいいじゃないか最近、大麻のニュースが増えているが、その際にネット上では大麻解禁は是が非かみたいな議論によくなる。 すると、だいたい「法律で決まってるんだからダメなものはダメ」みたいなコメントを見かける。 ぼく...

パチンコはやっぱり現時点の法律的な立場はどうであれ一般的に考えてギャンブルだし、それが日本のいたるところで駅を降りた一等地にあるのはおかしい。

これはウェルクなんかよりもずっと問題なのではないだろうか

ぼくは右翼でも左翼でもないのだけど、今回のカジノ法案についてはどちらかというと賛成だ。

でも、その前に日本中にある無数に増殖したパチンコ屋はどうにかしないといかんのでは?と思う。

ギャンブルをしたい人がいるのはわかるし、ぼくだってカジノが出来たら一度くらいは行ってみたい。

ただし、それはどこか特別な場所にあって、行きたい人だけが行くようなところであるべきだろう。

それなのにパチンコ屋は常に無関係の人の目に触れる場所にあり、結果として有害になっている。

何より問題なのはグーグル検索とは違い、それがおそらく今後も順位が変わることなく、ずっと街の一番目立つ場所にあり続けることだ。

グーグルは今後、検索結果を最適なものにするためにアルゴリズムを進化させていくだろうけど、はたして僕らの街は、日本は、街にあるべきものをきちんと選別できるようなアルゴリズムを作り出せるのだろうか。

スポンサーリンク