タメ口を使う役所のおばさんにタメ口を使ったら嫌な顔をされた話

シェア・ご意見&ご感想・叱咤激励・異論&反論はこちらから

スポンサーリンク

タメ口にまつわる考察

実は自分はもともと体育会系出身なんで、敬語には厳しいというか、わりといつでも敬語を使ってしまう人間であります。

そんな自分自身がホントは嫌い。なんだかいかにも日本人の典型というか。タメ口に対して反応してしまうのが恥ずかしいんですよ。

でも、気になっちゃうんですよね。

1.年齢が上の人に向かってタメ口
2.お客さんに向かってタメ口
3.初対面の人に向かってタメ口

敬語を使わずにタメ口を使っている人を見かけて「違和感」があるのは大きくわけてこの3つかと思います。

これはぼくが敬語を使われなかった場合だけでなく、そういうシーンを見かけても、体育会系出身のカタブツゆえ、なんとも言えない気持ちになってしまいます。はっきり言えば、ムカっとする!

でも、最近、気がついたんです。

そのタメ口が「相手にフレンドリーにしたい気持ちからくるものなのか」が大事なんだと。

例えば、タクシーに乗るとよく上の2と3に該当する運転手さんに出くわします。敬語は使わずに「今日は残業?大変だねー」「今日道混んでるから抜け道使っていい?」「はい、お釣り。ありがとねー」とネイティヴタメ口を話す人は多いものです。

しかし、人にもよりますが、そこに違和感や怒りは感じません。お客や初対面というのを超えた「仲良く話したい」という気持ちが伝わってくるからでしょうか。

(ぼくが歳をとって、自分より若い人、つまり1のパターンになったらまたべつの気持ちになるのかもしれないけど。あー、小さい人間だな)

とにかく、タクシー運転手だけじゃなく、街の八百屋さんの「安いよ、安いよー。」とか魚屋さんが「今日はいいカンパチ入ってるよ」とか、バーのマスターが「飲み物は?ビール?あいよ」なんかも同じ。

意外と「会話」が大切な職業の人のタメ口は自然なものです。

この間、税務署に行った時の話。

ぼくの前でおじいちゃんがいろいろと職員に聴いてるんですが、あきらかに年下のおばさんが(おじいちゃん70歳、おばさん50歳くらい?)、えらそうにタメ口なんです。

「書類はそっち!」
「あー、違う違う」
「ここ、ちゃんと記入してね」

もう、上に書いた1、2、3のすべてのパターンを兼ねている「キングオブタメ口」で、聴いているだけで腹が立つ。

それはフレンドリーにしたいとか、高齢者が相手だから聞き取りやすいように的確に、なんて理由はない。とにかく「邪険」にしてるのが周りにも伝わってくるタメ口で。

おかっぱ頭のおばさん。

彼女は何者なのか。こんなひどい接客を公務員なら許されるのか。カフェでもレストランでも洋服店でも保険屋さんでも、もっといかなるお店でも、こんな態度で接客してたら、クレームの嵐ですよ。

それが役所ということで、わりと当たり前になってしまっている。注意する上司もいない。

なんなんだ、こいつは。

そんな怒りが爆発したこともあり、そのおかっぱ頭のおばさんに向かって、

「書類どこ?はやく、急いで」
「おー、サンキュー」
「ここって判子いるの?どっち?」

30代のぼくは勇気を出して言いました。普段、敬語を使う人間なので、こうして無理にタメ口を使うのは、こっちとしても嫌というか、パワーを使うんです。

そしたらおばさんは露骨に嫌そうな顔をして

「こちらですけど!」
「はい、ここですけど!」
「いりますけど!」

敬語だけど、やたら「けど」の連呼。

たぶん、その「けど」には「……けど、なんで私に対してタメ口なのよ?」という怒りが込められていたんだと思います。

なんなんだ、本当に。

別にお客様は神様とは思わないけど、気持ちよく接客するのはサービス業の基本だろうし、むしろ民間の企業よりも役所のほうが、利潤を追求しないぶん、多少の効率性を無視してでも、手厚いサービスを心がけるべきなのではないでしょうか。

仮にタメ口でもいいけど、それはフレンドリーさ、つまり優しさからくるものじゃなきゃいけない。

あのおばさんが、若造の見ず知らずのぼくにタメ口を使われたことで、乱暴なタメ口を使われることが嫌なことなんだと気づいて、心を入れ替えてくれれば、と今は願っています。

スポンサーリンク

シェア・ご意見&ご感想・叱咤激励・異論&反論はこちらから

このサイトを気に入ってくれた方はフォローしてくれると嬉し泣きします



ダメ人間日記 ブログランキングへ
スポンサーリンク