スポンサーリンク

2017年こそIT革命の年だったのではないか?


ITって言葉、最近あまり使わないですよね。もう表現として古い。IoTは流行りのワードなのにITだと古臭い。日本語(?)って面白い!

ちなみに日本だとITと言ってるけど、海外だとICTというほうが一般的みたい。Information and Communication Technologyの略。

偉い人たちの間では日本でもICTに統一しようなんて話もあったみたいですが、そんな必要はなくて、多くの日本人にとってITという言葉は「ネットを使った何か」くらいの概念的に使われていると思うんですよ。

アナログじゃなくてデジタルなものを表す時は、すべてITの一言で通じます。それはそれで私たちの共通認識として非常に伝えやすい言葉ですし、アリなのではないかと。

お札や硬貨から仮想通貨へ変わるのもIT

テレビから動画メディアに変わるのもIT

現実からVRに変わるのもIT

そう考えると、今年はいろんなものが当たり前になった。

まさにIT革命の一年だったのではないかと!

まぁ実際にはAIとかクラウドやSaaSとかシェアリングとか、デジタルなものがより進化した年だったりもするのだけど、全部ひっくるめて、世の中が変わっている。

そういうことを表すときITという言葉は使いやすい。

IT革命バンザイ!

ブックマーク
スポンサーリンク

シェア・ご意見&ご感想・叱咤激励・異論&反論はこちらから

このサイトを気に入ってくれた方はフォローしてくれると嬉し泣きします

もしもお役に立ったならポチっとおねがいしやす!


ダメ人間日記 ブログランキングへ
スポンサーリンク