長谷川博己は「はせがわひろみ」じゃなくて「はせがわひろき」と読みます

シェア・ご意見&ご感想・叱咤激励・異論&反論はこちらから

スポンサーリンク

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

505454

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

…今日、喫茶店でお茶をしていた時の話。

映画『シン・ゴジラ』を観てきたのであろう女子大生風の女の子2人組がずっと「長谷川博己、かっこいい」という話で盛り上がっていた。けっこう長い時間、延々と語っていたので、若干うざかったのだが、私もけっこう好きな俳優さんなのでつい聞き入ってしまっていた。ちなみに『MOZU』のチャオ東もいいよね。

ところが気になったことがあった。

女子大生2人組はずっと彼のことを「はせがわひろみ」と言っているのである。

これだけ売れっ子でも意外と知られていないのかもしれない。博己は「ひろき」と読む。

2人はあまりにもずーっと「ひろみ、ひろみと言っているので、赤の他人の私ではありますが、ちょっと訂正してあげようか、いやでも…とモジモジ。

すると、その矢先、まるで『シン・ゴジラ』で市川実日子が演じる環境省自然環境局野生生物課長補佐の尾頭ヒロミのような女性(見た感じは30歳くらいだが、意外と若いかも?)がノートパソコンでカタカタとなにかの作業をしていた手を止め、その2人にポツリ。

「あのー、はせがわひろみじゃなくて、ひろきですよ」

女子大生2人組は急な指摘に驚いたようで、「ええ?」「そうなんですか、知らなかった」みたいなことをつぶやいていたが、尾頭ヒロミはなにごともなかったかのようにまたパソコンをカタカタカタ…。

やがてバツが悪くなったのか、2人はそそくさと喫茶店を出て行った。

ほんの5秒くらいの出来事ではあったのだけど、このとき、私の脳内ではあの音楽『Decisive_Battle』(わかる人にはわかる)が流れてた。

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

そして、きっと冷静をよそおっていたが、女子大生2人組が店を出た後、コップの水を一杯ぐいっと飲み干した尾頭ヒロミちゃんにも、きっと同じように流れていたんじゃないかと思う。

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

デーンデーンデーンデン、ドンドン♪

以上、nanokaでした。チャオ〜!

スポンサーリンク